誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    三浦しをん

三浦しをん

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「三浦しをん」のブログを一覧表示!「三浦しをん」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「三浦しをん」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「三浦しをん」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

☆三浦しをんさんのエッセイ「悶絶スパイラル」に、剛君の事がお友達とカラオケに行って「キンキの歌」を歌うことになったそうです。三浦さんは「愛のかたまり」にビックリ仰天。勿論、ツ○シと○一と伏字にして有ります ... » more
テーマ 三浦しをん アイドル誌 キンキキッズ

「仏果を得ず」 三浦しをん 仏果を得ず三浦 しをん双葉社 2007-11売り上げランキング : 55531Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明“好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春の物語 ... » more

仏果を得ず 三浦しをん 双葉社 しをんさんが文楽にハマっている。これは、かなり重症にハマってはるんやなあ・・というのが読んでの感想。描き出されてる文楽の世界は、かなり漫画チックにデフォルメされているが、しをんさんが「文楽」という芸能に惹かれている、その ... » more

三浦しをんさんの『本』『読書』に関することがメインのエッセイ集です。三四郎はそれから門を出た各誌に掲載された『書評』『本についてのコラム』が大半を占めますが、その他の雑事についてのエッセイもあり、バラエティに富んだ『ごっ ... » more

面白くって、ページを捲る手がとまりません!!久しぶりに睡眠時間を削らされました。風が強く吹いているメンバーの殆どが素人の寛政大学陸上部が箱根駅伝を目指す!!というストーリー。始動{%arrowright_a% ... » more

著者の「直木賞」受賞作品。(だよね?!)まほろ駅前多田便利軒東京と神奈川の県境の都市まほろ。そこで、便利屋を営む多田。ある日、ひょんなことから、高校の時のクラスメート行天が、事務所に転がり込んできた。…で ... » more

書道楽ブログ『人生激場』三浦しをん
『しをんのしおり』に続く、著者のエッセイ集です。人生激場 (新潮文庫)『しをんのしをり』に比べると、こちらの方が随分とエッセイっぽくなった感じがします。(笑)週刊誌に連載の文章のせいでしょうか?!内容は、友人 ... » more

引き続き「三浦しをん」作品を読了。今度は、恋愛小説です。ロマンス小説の七日間 (角川文庫)主人公の「あかり」は、海外ロマンス小説の翻訳を仕事とする28歳独身女性。「神名」という彼氏と同棲中。ある日、中世の騎士 ... » more

先日読んだ『格闘するものに○』の作者・三浦しをんさんのエッセイです。しをんのしおり (新潮文庫)エッセイというよりも、ブログの日記といった感じ?!著者の愚にもつかない(失礼!)日常をつらつらと書き連ねているのだが、こ ... » more

三浦しをん作品を初めて読みました。格闘する者に○ (新潮文庫)直木賞も受賞しており、お名前だけは存じ上げていたのですが、なかなか作品を読む機会もなく、今に至りました。この作品は、デビュー作だそうですが、すごい新鮮 ... » more

『私が語りはじめた彼は』 by 三浦しをん 三浦さんの中で始めて真面目な小説を読んだ(笑)今までエッセイや読書録?や奮闘記系の本ばかりだったので。それにしても上手い!何が上手いかって、(同じことを人が変わり場所が変わり事態が変わりはしても)同じことを作中でくり返しているの ... » more

『まほろ駅前多田便利軒』 by 三浦しをん こんな面白いものを書く人の作品を今まで読んだことが無かったことを本気で悔いた。キャラ・設定・事件・長さ・構成・・・どれをとっても○。まあ、芥川賞系のモノから見れば軽いノリだし、一話完結の漫画のような雰囲気だし、胡散臭いし(笑)、ご都 ... » more

きみはポラリス 三浦しをん 新潮社 恋愛をテーマにした短編集です。どうやら、三浦さん、恋愛をテーマにした作品を依頼されることが多いらしい。いくつかはあちこちで読んだこともある作品もあったんですが、こうやって並ぶとまた、それぞれに味わい深いですね。バラエティに富んで ... » more

「きみはポラリス」 三浦しをん きみはポラリスposted with 簡単リンクくん at 2007. 5.22三浦 しをん〔著〕新潮社 (2007.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明初恋、禁忌、純愛、結婚、信仰、 ... » more

「人生激場」 三浦しをん 人生激場posted with 簡単リンクくん at 2007. 5.15三浦 しをん著新潮社 (2006.8)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明身持ちはかたく、身のまわりは(なにかと) ... » more

なぜか箱根駅伝を目指すことになった竹青荘住人の脱力系青春ストーリー!?長距離(=人生)を走りきるのに必要なものは何なのか。箱根駅伝(本戦)だけでなく、記録会・予選会のシーンもありなるほどこういうシステムだったのかと箱根駅伝に ... » more
テーマ 三浦しをん 本(今)

【読んだ本】まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん 勘の良い方はお気づきだろうが、これはさすがに“読んだ”うちに入っていない気がする(^_^;前掲の『風に舞いあがるビニールシート』に続き、買い置いてあった「オール讀物9月号」で、6篇からなる連作短篇のうち2篇を読んだだけな ... » more

まほろ市で便利屋を営む多田は、正月の三日から得意先の爺さんに丸一日バスの運行チェックをやらされていた。仕事が終わった後、そのバス停のベンチに座っていたのが高校の同級生だった行天だった。泊めてくれという行天をつれて帰ったときから、二人の奇 ... » more
テーマ 三浦しをん

「シュミじゃないんだ」 三浦しをん シュミじゃないんだposted with 簡単リンクくん at 2006.12. 2三浦 しをん著新書館 (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明ボーイズラブ漫画にまみれた日 ... » more

「風が強く吹いている」 三浦しをん 風が強く吹いているposted with 簡単リンクくん at 2006.11. 5三浦 しをん著新潮社 (2006.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明奇跡のような出会いから、清瀬灰 ... » more

「白いへび眠る島」 三浦しをん 白いへび眠る島posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.23三浦 しをん〔著〕角川書店 (2005.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明悟史が帰省した拝島。十三年ぶ ... » more

風が強く吹いている 三浦しをん 新潮社 三浦さんの新作が箱根駅伝の話とは意表を突かれました。スポーツ物は初めて・・だと思うんですが。これが、面白かった!!三浦さんの新しい一面を見せてもらいました。こう・・こんな事いって偉そうなんですが、書きたいことと作品のバランスが ... » more

「三四郎はそれから門を出た」 三浦しをん 三四郎はそれから門を出たposted with 簡単リンクくん at 2006. 8.18三浦 しをん著ポプラ社 (2006.7)通常1-3週間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明それでも本から離れら ... » more

三四郎はそれから門を出た 三浦しをん ポプラ社 三浦しをんさんのエッセイは心待ちにしてるので、これも「よしよし」と予約を入れ、入手。一番に借りて「んふふ・・・」と本をあけたら・・。半分書評じゃないですかあ。うくく・・。はい。買いますよ。すいませんね、図書館ですまそうとして・・ ... » more

「月魚」 三浦しをん 月魚posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.23三浦 しをん〔著〕角川書店 (2004.5)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明水の底には秘密がひそむ。秘密を抱え、彼 ... » more

「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん まほろ駅前多田便利軒posted with 簡単リンクくん at 2006. 6.11三浦 しをん著文芸春秋 (2006.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明お困りの節はお電話ください ... » more

まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん 文藝春秋 久々に三浦さんの新しい小説を読むような気がしますが・・。とっても三浦さんらしい、いい雰囲気の小説でした。心に空洞を持つ男同士が、ギリギリのところで支えあってる。その微妙な立ち位置と、本当にお互いについて何も聞かない男同士 ... » more

風のない場所しをんのしおり
著:三浦しをん出版:新潮文庫初版:2005/11/01本体価格:438P261ISBN:4-10-116752-4少し趣向を変えてエッセイなど。面白い本ないかと聞いて薦められたのが三浦しをん。 ... » more

「桃色トワイライト」 三浦しをん 桃色トワイライトposted with 簡単リンクくん at 2005.10.13三浦 しをん著太田出版 (2005.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明いい男たちを眺めるだけで満足す ... » more

桃色トワイライト 三浦しをん 太田出版 なんだかエッセイ続きですね。たまたま、なんですが。エッセイを読むのは、小説とはまた違った楽しさがあります。ブログでも日記が大人気ですが、それに一脈通じる面白さなんでしょうね。みんなそれぞれ違う毎日を送っている。あたりまえなん ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 02:25

「三浦しをん」のブログ関連商品

» 「三浦しをん」のブログレビュー をもっと探す

「三浦しをん」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る