誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    三浦しをん

三浦しをん

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「三浦しをん」のブログを一覧表示!「三浦しをん」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「三浦しをん」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「三浦しをん」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

うさぎ天国文字で観る箱根駅伝
文字で観る箱根駅伝 「風が強く吹いている」三浦しをんさんの小説です。しをんさんの本を読むのは、2冊目です。前回の[舟を編む」同様、心にさわやかな風が吹いてくるお話です。本屋さんでこの本を見た時、ああ、数年前に映画化されていたような・・・ ... » more

うさぎ天国今年の一押し
今年の一押し 今年読んだ本のベスト1三浦しをんさんの「舟を編む」いつもミステリーを好んで読んでいる私には、一服の清涼剤のようでした。おもしろい!全然期待してなかったし、何となく本を手に取っただけの不思議なご縁で、「たしか、 ... » more

登場人物一人ひとりが愛おしい「舟を編む」(三浦しをん著) 去年、映画を観た「舟を編む」の原作を読み終えた。映画も良かったが、原作はもっと良かった。映画も原作も良かったと思ったのは「泥の河」(宮本輝原作)以来だろうか。「舟を編む」は三浦しをんさん(1976−)が2011年に発表した小説で、2 ... » more
テーマ 三浦しをん

5月に始まった仕事が、きょうで終わった。約4か月間、ほぼ常に手元にあり、少しずつ進め、1000ページ強の校正を終えることができた。一つの仕事で1000ページ以上というのは久しぶりだ。少しずつゲラが出て、トータルするとかなりのページ数 ... » more

『あの家に暮らす四人の女』三浦しをん 三浦しをんの『あの家に暮らす四人の女』(2015年7月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声―古びた洋館に住む女四人の日常は、今 ... » more
テーマ 三浦しをん

Pour que?舟を編む*三浦しをん
単行本時代からずっと気になってた。財政難のため、文庫待ち…良いお客じゃなくてすみません>_<でもせめてもの思いで、立ち読み我慢したし、正規の値段で買ってますので!!でも、装丁は単行本の方が良い ... » more

『ふむふむ おしえて お仕事!』三浦しをん 三浦しをんの『ふむふむおしえてお仕事!』を読みました。BOOKデーターによると、<なんだかまた、面白い人に会ったぞ!技と熱(パッション)を持って働く16人の女性たち。著者初の人物探訪記。 「物語」を宿さぬ人はいな ... » more
テーマ 三浦しをん

目下売り出し中の三浦しをんのいろいろな恋愛をテーマにした短編集だ。この作家の本はずっと前に【風が強く吹いている】という大学駅伝を描いた熱血コミカル友情系の作品を読んだ事がある。キャラの設定が漫画的でわかりやすくきっとヒットするなと思っていた ... » more
テーマ 三浦しをん 書評 きみはポラリス

『白蛇島』三浦しをん 三浦しをんの『白蛇島』(2001年12月刊)を読みました。BOOKデータによると、<悟史が帰省した拝島。十三年ぶりの大祭でにぎわうその島は不穏な空気に包まれていた。島民に異常に忌まれる怪物「あれ」が出たというのだ…。 ... » more
テーマ 三浦しをん

神去なあなあ日常 (徳間文庫)三浦しをん (著) 映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)原作 神去は「かむさり」と読む。予告編で面白そうだった「WoodJob」の原作、作者は「舟を編む」の三浦しをんとくれば、間違いないだろうと手に取って一気に読んだ。面白かった、確かに。日本の林業の現状を、山村のコミュ ... » more
テーマ 三浦しをん 神去なあなあ日常 読書

『神去なあなあ夜話』三浦しをん 三浦しをんの『神去なあなあ夜話』(2012年12月3刷)を読みました。BOOKデータによると、<100年先を見据えて作業をしている、神去村の林業の現場。そこへ放り込まれた平野勇気も、村で暮らして1年が過ぎ、20歳にな ... » more
テーマ 三浦しをん

『政と源』三浦しをん 三浦しをんの『政と源』(2013年8月刊)を読みました。BOOKデータによると、<東京都墨田区Y町。つまみ簪職人・源二郎の弟子である徹平(元ヤン)の様子がおかしい。どうやら、昔の不良仲間に強請られたためらしい。それを ... » more
テーマ 三浦しをん

世界のすみっこでなあなあ・・ フランシーヌの場合は・・・・あれから・・ちいぃっとも変わらねえ気がするなぁ・・選挙やるって・・一方的な選挙じゃ・・選挙じゃあるめえ・・新ロシ○派って・・略奪派・・・シンから(本気で)怒るねぃな!・・・河童も尻 ... » more
テーマ 三浦しをん 神去なあなあ 長澤まさみ

とくダネで採りあげた辞典の進化・・汚名返上が正解・・・・汚名挽回は不正解とされていた言葉汚名を受けてしまった時・・どこに返上をしてきた言葉なのか・・日本語の匠さ・・・名誉挽回は・・・これまで讃えられ・// ... » more
テーマ 三浦しをん とくダネ 神去なあなあ

三浦しをんの著作リストです。シリーズ等で分類してまとめてあります。(エッセイを除く)本の画像は、文庫があるものは文庫、無いものは単行本を表示。画像をクリックするとAmazonのページ、画像下の書名をクリックすると、ブ ... » more
テーマ 三浦しをん 著作リスト

『月魚』三浦しをん 三浦しをんの『月魚』(2001年5月刊)を読みました。読書メーターの内容紹介によると、<「罪」と「再生」の青春小説!! 古書店『無窮堂』の店主・本田真志喜と幼馴染で「せどり屋」の瀬名垣太一。田舎町の旧家に買い付け ... » more
テーマ 三浦しをん

『格闘する者に○』三浦しをん 三浦しをんの『格闘する者に○』(2000年4月刊)を読みました。BOOKデータによると、<藤崎可南子は就職活動中。希望は出版社、漫画雑誌の編集者だ。ところがいざ活動を始めてみると、思いもよらないことばかり。「平服で」 ... » more
テーマ 三浦しをん

『私が語りはじめた彼は』三浦しをん 三浦しをんの『私が語りはじめた彼は』(2004年5月刊)を読みました。BOOKデータによると、<あっという間にアカの他人。でも実はまだ切れていない、「彼」と私の仲。それぞれの「私」は闇を抱える、「彼」の影を引きずりな ... » more
テーマ 三浦しをん

『仏果を得ず』三浦しをん 三浦しをんの『仏果を得ず』(2007年12月3刷)を読みました。図書館の内容紹介によると、<“好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春の物語。『小説推理』の連載に加 ... » more
テーマ 三浦しをん

『ロマンス小説の七日間』三浦しをん 三浦しをんの『ロマンス小説の七日間』(2003年11月刊)を読みました。BOOKデータによると、<あかりは海外ロマンス小説の翻訳を生業とする、二十八歳の独身女性。ボーイフレンドの神名と半同棲中だ。中世騎士と女領主の恋 ... » more
テーマ 三浦しをん

『木暮莊物語』三浦しをん 三浦しをんの『木暮莊物語』(2010年11月3刷)を読みました。BOOKデータによると、<小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年。空き室あります!安譜請ですが、人肌のぬくもりと、心地よいつながりがあるアパート ... » more
テーマ 三浦しをん

『舟を編む』三浦しをん 三浦しをんの『舟を編む』(2011年4月10刷)を読みました。BOOKデータによると、<玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、辞書編集部に迎えられる。新 ... » more
テーマ 三浦しをん

『神去なあなあ日常』三浦しをん 三浦しをんの『神去なあなあ日常』(2009年6月3刷)を読みました。BOOKデータによると、<美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ ... » more
テーマ 三浦しをん

ふくろうの読書記録『光』三浦しをん
『光』三浦しをん 三浦しをんの『光』(2008年11月刊)を読みました。BOOKデータによると、<天災ですべてを失った中学生の信之。共に生き残った幼なじみの美花を救うため、彼はある行動をとる。二十年後、過去を封印して暮らす信之の前に、 ... » more
テーマ 三浦しをん

『天国旅行』三浦しをん 三浦しをんの『天国旅行』を読みました。BOOKデータによれば、<そこへ行けば、救われるのか。富士の樹海に現れた男の導き、死んだ彼女と暮らす若者の迷い、命懸けで結ばれた相手への遺言、前世を信じる女の黒い夢、一家心中で生 ... » more
テーマ 三浦しをん 佐伯一麦 阿刀田高  コメント(2)

「舟を編む」(三浦しをん著)を読んで<内容>(アマゾン㏋より転記)玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、 ... » more

『風が強く吹いている』三浦しをん 三浦しをんの『風が強く吹いている』(1009年7月5刷)を読みました。BOOKデータによると、<箱根駅伝を走りたい―そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何?走るってどういうことなんだ?十 ... » more

本屋大賞を受賞した「舟を編む」が映画化されたので、昨日、見に行きました。 感想はね、面白かったです。主たる登場人物も、舞台展開も少ない映画なのですが、ぐいぐい引き込まれます。 誰かとつながりたくて広大な言葉の海にでる人のために、舟。 ... » more

嬉有箱神去なあなあ夜話    
神去なあなあ夜話     『神去なあなあ夜話』三浦しをん高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。いきなり林業の修行をやるはめになった勇気のがんばりを描いた『神去なあなあ日常』の続編。1年たって、勇気も20歳になり、山仕事も慣れてき ... » more

舟を編む 三浦しをん 歴史小説じゃなかったけど面白い辞書編纂物語。 去年のベストセラーをようやく読んだ。いやいや情報不足、辞書編纂にまつわるお話し、というのは知っていたが、そのタイトルの趣から、歴史小説なのかと思って、なんとなく読むのが億劫な気分だった。重々しいというか。ところが本を開いて、 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 02:25

「三浦しをん」のブログ関連商品

» 「三浦しをん」のブログレビュー をもっと探す

「三浦しをん」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る